ビリヤードニュー文化
トップページご挨拶お店の紹介レッスン・サークルアクセス
甲斐譲二

 ビリヤードにはポケット・ビリヤードとキャロム・ビリヤードの競技がありますが
 
 甲斐譲二はキャロム・ビリヤードの中のスリークッション種目を専門としています。

 スリークッションはヨーロッパ、南米を中心に広く行われています。

 スリークッションビリヤードがどのようなものか是非下記のムービーを御覧下さい。

 【スリークッションゲームを初めて御覧いただく方に簡単にご説明いたします】

 ポケットビリヤードはテーブルに6個のポケット(穴)がありますが、キャロムビリヤードにはポケットがありません。
 
 赤、白、黄3個のボールを使います。

 白球と黄球でバンキングを行い、先攻、後攻を決め、先攻が白球、後攻が黄球を手球とします。
 
 スリークッションは、手球を第1的球に当ててから第2的球に当たるまでに、3回以上クッション(ビリヤードテーブルの周りの枠)

 に入らなければならないという制約がある、むずかしいゲームです。もし、規定の回数以上クッションに入らない場合は、得点は

 認められず、プレーの権利も相手に移ります。

 このクッション数は、手球が第1的球に当たるまでに入ったクッションの数も有効です。


2001年 3Cushion Japan Cup 決勝 <甲斐譲二 vs 堀金博> 
(下記のムービーの試合の場合、甲斐譲二は黄色のボールが手球です。黄色の手球がクッションに入る数を数えながら御覧下さい)
  ムービーを見る

サンプルムービーはWMV形式です。
ムービーが再生されない場合は、左記よりインストールして下さい。 <Windows Media Player のダウンロード(無料)

Copyright (C) 2006 Billiard New Bunka. All Rights Reserved.